トップ > 印刷 > 環境対応+高精細印刷 > 水なし印刷

水なし印刷

水なし印刷認証マーク(バタフライマーク)

水を使わないから、廃液で環境を汚さない「水なし印刷」は、1993年に、アメリカに本部を置くWPA※(Waterless Printing Association = 水なし印刷協会)により、「水なし印刷認証マーク(バタフライマーク)」が開発されました。バタフライマークは「水なし印刷実施会社」で印刷される印刷物のみに支給されるマークです。日精ピーアールは2007年12月にWPAと日本WPAに加盟し、「水なし印刷」認証マークの使用、印刷の認証を得ています。

※WPA…水なし印刷を奨励する世界規模の環境保全団体。1993年アメリカで下水道に流される産業廃棄物の規制厳守のために、印刷業者、機材メーカーを中心に発足。現在ではその必要性からカナダ、ヨーロッパ、南米、オセアニア、アフリカ、アジア等世界的に広まっています。日本では2005年に日本WPAが発足しました。


動画でもご説明しています

水なし印刷について

水なし印刷の仕組み

通常のオフセット印刷(水あり印刷)では、水と油が反発しあう性質を利用しており、使用する「版(刷版)」は、画線部(インクが着く箇所)と非画線部(インクが着かない箇所)を刷り分けるため、印刷時に「湿し水」を大量に使用します。この「湿し水」には有害物質が含まれているので、使用後の「湿し水」は廃液として処理されます。
対して、水なし印刷では「湿し水」の代わりにシリコン層がインキを弾くため、「湿し水」を必要とせず、環境に優しい印刷が可能となります。
※湿し水…水道水にエッチ液・IPA(イソプロピルアルコール)を加えたもの

印刷のしくみ(オフセット枚葉印刷機/両面8色機)

通常オフセット印刷(水あり印刷)

水なし印刷

刷版の構造

通常のオフセット印刷(水あり印刷)の「版(刷版)」は、現像時にPH12以上の強アルカリ現像廃液が発生するため、「特別管理産業廃棄物」として回収が義務付けられています。一方、水なし印刷の版は、有害な廃液がほとんど出ない水現像方式で、現像処理後の排水は下水に流すことができます。水なし印刷は、現像方法においても環境に優しいといえます。

通常オフセット印刷(水あり印刷)

水なし印刷

環境マークの掲載例

「水なし印刷」、「FSC®認証紙」、「グリーン電力」などの環境マークをお客様の印刷物に掲載できます。お客様の環境配慮への「想い」をお伝えするツールとして、ご活用ください。
<おすすめする印刷物>
会社案内、カタログ、パンフレット、CSR報告書など

※環境マークの表示パターンや種類など、詳しくは担当者までお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る